戦車 ミリタリー模型・タイガーやキングタイガーのプラモデル通販専門ショップ TANKTYPE


当サイトでは、通信情報の暗号化と実在性の証明のため、日本ベリサイン株式会社のSSLサーバ証明書を使用しております。 セキュアシールより、サーバ証明書の検証結果をご確認ください。
※画像は試作品、実機・実車、イメージなど補助的説明として、掲載いたしておりますので実際の商品と異なる場合があります。

1/35 傾翔遊睨G 後期型ツィンメリットコーティング

商品名 傾翔遊睨G 後期型ツィンメリットコーティング
メーカー アオシマ ドラゴン
メーカーNo 6633
シリーズ
説明 3号突撃砲 (Sd.Kfz.142)は、広く使われた3号戦車系をベースにした、第二次大戦中で最も有能なドイツ軍駆逐戦車です。実際、3号突撃砲はドイツ軍が対戦中に最も多岐にわたり製造した戦闘車両です。敵戦車が武装と装甲を強化させれば、ドイツ軍は効果的な7.5cm StuK 40 L/48 砲を搭載して答えました。 この派生型はG型として知られており、1942年12月から1945年4月まで7720両が生産されました。この数字によって、G型がドイツ駆逐戦車の中で現在まで最も一般的であるゆえんです。 ドラゴンの1/35スケールの最新3号突撃砲スマートキットがG型の後期型を再現します。このキットはその辺りにあるような3号突撃砲ではありません。なぜなら1944年7月近辺に生産された対戦後期の特徴を再現しているからです。その特徴は、新規金型のエンジンデッキ、サイドエアインテーク、そして磁気吸着地雷の吸着を防ぐためツェメリットコーティングされた避弾経始などによって再現されています。プラ製のツェメリットは熟練した技術で実物同様に造形および成型され、パテでコーティングを追加するという骨の折れる作業からモデラーを開放します。横面防御板(シュルツェン)は金属製の別パーツで用意し、実物同様に再現します。その他のエッチングパーツはエアインテークグリル、誘導輪リング、さらに新規のエンジンデッキ上の装備品が付属します。ドラゴンの1/35スケールの3号突撃砲G型は、その新らしいコーティングにより理想的な戦車となりました。
(C)アオシマ ドラゴン
注意事項 (プラスチックモデル組み立てキットです。イメージ写真は組立、塗装仕上げをした状態です。)